MENU

ストレスが高血圧の原因?高血圧とストレスの関係とは

高血圧の原因について

 

ストレスは万病のもと、と言われるほど体に負担の
かかるものですが、高血圧の原因にもなっていると
言われています。果たしてそれは本当でしょうか?

 

 

毎日の生活習慣と深く関わる高血圧。
どのようなものが高血圧の原因になる可能性があるのでしょうか?
最近は、ストレスと高血圧に関係があると注目されています。

 

ストレスは万病のもとと言われるくらいですから
高血圧の原因になる可能性もあるでしょう。

 

では、高血圧とストレスにはどのような関係が
あるのか、こちらの記事で解説をしたいと思います。

 

ストレスが高血圧の原因になる関係とは?

 

高血圧の原因について

 

ストレスが高血圧の原因に

 

生活の中でストレスをまったく感じていないという人は
ほとんどいないでしょう。
現代人は毎日ストレスにさらされ、その身近なストレスが
高血圧の原因になっています。

 

自律神経とストレスに関係があるからだと言われています。

 

 

自律神経とストレスの関係

 

自律神経は体中のコントロールをしている重要な
役割を持っている神経です。 
体を動かす、休めるどちらも自律神経がコントロールをしています。

 

自律神経は交感神経、副交感神経の2種類があります。
交感神経は体を動かす時に働くもので、副交感神経は
体を休める時に働き夜に活発に働く神経です。

 

しかし、ストレスを感じると交感神経が活発になり、体を
動かす時に働く神経によって興奮状態になり血管が収縮し
高血圧の原因になってしまいます。

 

心拍数、血流が増えて高血圧になるのです。

 

 

副腎ホルモン

 

ストレスを感じるとストレスから体を守るために副腎ホルモン
というホルモンが分泌されます。
副腎ホルモンは分泌されるときにノルアドレナリン、アドレナリン
という物質も分泌され、心拍数や血管を収縮させる働きに
よって高血圧の原因になります。

 

ストレスから体を守るための機能ですが、慢性的にストレスが
多いと高血圧の原因になってしまうのです。

 

 

ストレスが原因の高血圧を改善する

 

高血圧の原因について

 

最近イライラする、ストレスが溜まっていると自覚できて
いなくても知らないうちにストレスが蓄積していることがあります。
心の悩み、感情によるストレスだけでなく寒すぎたり暑過ぎたり
気温もストレスになっていることもあるのです。

 

ストレスやイライラを全てなくすことは難しいですが、少しでもストレスを
溜めないようにすることが大切です。

 

ストレスが原因になって高血圧になりやすいことが分かっているなら
ストレスを発散する方法を試したり、定期的に血圧を測定し
体の少しの変化を見逃さないようにしましょう。

 

好きなことをして自分の時間を持ち楽しむことや、お風呂にゆっくり
入る、適度な運動をするとストレスは発散することができます。

 

 

血圧を下げるサプリ ランキング