MENU

出産後の血圧が高い原因や症状を改善するには

高血圧の原因について

 

一般人と比べて、出産後の母親の血圧が高い原因は
一体なんなのでしょうか?

 

 

妊娠中はトラブルの中に妊娠中高血圧症という症状があります。
妊娠中の高血圧は、赤ちゃんが普通よりも早く生まれてしまったり
発育不良の原因になるなどのトラブルにつながるため、
注意している方は多いですし、病院でも血圧については
毎回測定するなど注意します。

 

妊娠中高血圧の原因はいろいろあり、はっきりと原因が
分かっていない場合も多いようです。

 

出産後の高血圧について

 

高血圧の原因について

 

妊娠中の高血圧は注意しなければなりませんが、出産後に
高血圧の症状が長く続いてしまうということも少なくありません。

 

妊娠中に高血圧だった方も、出産後には少しずつ高血圧が
改善していくものです。

 

しかし、出産後数か月たっても高血圧が治らない場合には
出産後の高血圧の産後高血圧症になっている可能性があります。

 

出産後の血圧が高い原因とはいったいどのような
ものが考えられるのでしょう。

 

出産後に血圧が高い原因について

 

高血圧の原因について

 

ストレス、疲労

 

出産後は生活の変化や体の大きな変化によって、疲労やストレスを
感じる方は多いです。
赤ちゃんが生まれて新しく生活が始まると、慣れないお世話に
疲れたり、なかなか眠れない、ストレスを感じる、産後うつに
なるなど色々なトラブルを起こすことがあります。

 

ストレスが血圧が高い原因になることがあるのです。

 

ストレスは自律神経の交感神経を活発にさせます。
交感神経はストレスから体を守るために働くのですが、
心拍数や血流を増やすので、血圧が高い原因になるのです。

 

本能性高血圧症

 

本能性高血圧症は、なんらかの病気が原因になって高血圧に
なっているのではなく、遺伝や生活習慣などの要素が重なって
高血圧になる症状です。

 

もともと高血圧寄りな方が出産を機に血圧が高い原因になることもあります。

 

妊娠中はアルコール、塩分、食べ過ぎに注意していたが
出産後は生活習慣が乱れることで血圧が高い原因になってしまう
方もいるようです。

 

妊娠中の良い生活習慣を保つのは赤ちゃんにとって大切ですが、
出産後は自分の体のためにも授乳中なら赤ちゃんのためにも
なるので、生活習慣の乱れを起こさないようにすることは大切です。

 

妊娠中高血圧の症状が改善されない

 

高血圧の原因について

 

妊娠中高血圧症の症状が重かった場合、高血圧の症状が
出産後も続いてしまうことがあります。
妊娠中高血圧だった方で出産後も血圧が高い状態が続く場合、
一度医師に症状を相談することをおすすめします。

 

血圧が高いまま放置することはさまざまな病気のもとになります。
早い段階で治療をしていけるよう、病院で相談をしましょう。

 

 

血圧を下げるサプリ ランキング