MENU

塩分はやはり高血圧の原因になる?

高血圧の原因について

 

高血圧の原因として塩分の過剰摂取は
比較的、よく聞く話だと思います。
今回は、塩分による高血圧の原因に注目しました。

 

 

特定の疾患が原因になっていない高血圧は、
生活習慣が深く関わり血圧に影響していると考えられます。
高血圧の原因は、塩分の摂り過ぎが原因として強く
思い浮かぶと思います。

 

高血圧の対策には減塩の食事がすすめられていますよね。
塩分の摂り過ぎがなぜ高血圧の原因になるのでしょう。

 

こちらでは高血圧と塩分の関係についてを紹介しています。
最近、健康診断で血圧が高かった方や毎日の食事で
高血圧を対策したいと思っている方は、ぜひこちらの
記事を参考にしてみてください。

 

高血圧の原因と塩分の関係

 

高血圧の原因について

 

血液の量が増加する

 

塩分を摂取し過ぎると高血圧になる原因と言われるのは、血液量が
増えるというのが関係しています。
たとえはラーメンのスープを全部飲んだり、塩分の濃いものを
多く食べると後からのどが渇きますよね。

 

酷いと食事のあと、数時間のどが渇いてしょうがないという
こともあります。
人間の体には体液がありますが、体液の塩分濃度は決まっています。
一定に保とうとするため、塩分が濃くなると水分を多く
摂取しようとするのです。

 

塩分と水分が増えて血液の量が増えると、高血圧の原因になります。
塩分の摂り過ぎは血管にも負担がかかり、全身に血液を
送り出す心臓にも負担になるので、慢性的な高血圧に
なる可能性も高くなります。

 

交感神経を活発にする

 

高血圧の原因について

 

塩分はナトリウムが含まれていて、ナトリウムは自律神経の
交感神経に働きかけて活発にします。
交感神経は体を動かす日中に活発になるのですが、血管の
収縮にも関わる神経です。

 

塩分を摂り過ぎて交感神経が活発になりすぎると、血管が
頻繁に収縮し、高血圧の原因になります。

 

血管が収縮し狭まると血流によって血管にも負担がかかり
慢性的な高血圧を悪化させてしまう原因になるので
塩分の摂り過ぎには十分注意しましょう。

 

まとめ

 

高血圧の原因について

 

塩分の多い食事をするとのどが渇き、水分をたくさん飲んでしまいますよね。
塩分の摂り過ぎ、水分の摂り過ぎで血液が増えて高血圧の
原因になってしまいます。

 

交感神経を活発にさせ、血管の収縮する回数も増えるので
塩分は高血圧の原因になるのです。

 

しかし、塩分は生きていくために必要ですからまったくとらない
というのはいけません。

 

汗をよくかく時期や体を動かす仕事の方は意識して塩分を
摂取しましょう。
過剰に摂取しないように気を付け、正しい塩分量を心がけてください。

 

塩分の摂り過ぎに気を付けるだけでも高血圧の予防に効果的です。
意識しないと意外と摂り過ぎてしまうので、どれくらい塩を使っているのか
確かめてみてください。

 

 

血圧を下げるサプリ ランキング