MENU

血圧を下げる薬を飲んでいる方は、グレープフルーツとの相性に注意が必要!

血圧を下げる方法について

 

様々な方法を用いて、
血圧を下げる努力をしておられる方が多いのは、
非常に素晴らしいことです。

 

しかし、自分ではどうしようもないところまで
血圧が高くなってしまった場合、自分で努力するだけでなく、
専門医による治療を受けるということも一つの方法です。

 

降圧剤を使用している方は多い

 

血圧を下げる方法について

 

ある程度の年齢になると、
血圧を下げる薬を飲んでいるという方も、非常に多いと思います。

 

病院で高血圧の治療をするには、降圧剤と言われる、
血圧を下げる薬が主に使用されています。

 

そのような薬は、基本的には毎日飲むものです。

 

毎日体に取り入れるものであれば、
いくら病院から処方されたものとはいえ、
自分自身が正しい知識を持っておくことは、
安心して治療に臨む上で大切なことです。

 

血圧を下げる薬は、グレープフルーツとの相性が悪いと
よく言われますが、なぜ、またどのように
飲み合わせが悪いのでしょうか?

 

グレープフルーツ以外にも、
注意するべきものがあるのでしょうか?

 

今回この記事では、そのような点について、
調べてまとめてみました。

 

血圧を下げる薬を処方されている方やご家族の方は、
是非参考にしてみて下さい。
この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

血圧を下げる薬とグレープフルーツ

 

血圧を下げる方法について

 

なぜ危険?

 

グレープフルーツは血圧を下げる薬との相性が悪い
と言われているのには、グレープフルーツに含まれる
フラノクマリン類という成分が関係しています。

 

この成分により、血圧を下げる薬の効果が高まりすぎてしまい、
低血圧を引き起こしてしまう可能性があるんです。

 

グレープフルーツを食べてから、約一日程度は、
体からその成分が抜けきられないため、
毎日飲まなければならない血圧を下げる薬を飲んでいる方は
避けた方が良いでしょう。

 

グレープフルーツとの相性が悪い血圧を下げる薬は、
カルシウム拮抗薬という種類のもの
です。

 

カルブロックアテレック、コニールといった名前で
処方されています。

 

グレープフルーツ以外に注意したいフルーツ

 

グレープフルーツ以外にも、
高血圧の薬との相性が良くない果物はあります。

 

いよかんやはっさく、夏みかん、ブンタンなどは、
グレープフルーツと同じ作用
があります。

 

しかし、レモンやカボスなどは柑橘系のなかでも、
高血圧の薬と相性に問題がないものです。

 

すべてがダメというわけではないので、
どうしても柑橘系を食べたくなった場合には、
事前に医師に相談すると良いでしょう。

 

 

血圧を下げるサプリ ランキング