MENU

血圧を下げる薬の副作用と、使用する際に注意したいこと

血圧を下げる方法について

 

生活習慣病のひとつとして、患者数が非常に多く、
予防に注目が集まっているのが、高血圧です。

 

高血圧は身近な症状であるとともに、心筋梗塞や脳梗塞など
命に関わる病気につながるため、早めの予防・対策が必要です。

 

生活習慣病と言われるほどですから、
毎日の食習慣や運動習慣はもちろん大切です。

 

また、それ以外にも血圧を下げる方法はいろいろとあります。

 

病院での高血圧治療

 

血圧を下げる方法について

 

そのような方法を使って、高血圧の治療が必要になる前に
自分で血圧をコントロールすることはベストと言えます。

 

しかし、年齢とともに、また遺伝的な体質や生活習慣によって、
高血圧の治療が必要になる方も多くおられます。

 

高血圧を病院で治療するとなると、
まず考えられるのが血圧を下げる薬の使用です。

 

血圧を下げる薬は、短い期間で効果が出るものではなく、
長期間にわたり血圧をコントロールすることが目的です。

 

それで、処方されてから短い期間で終わる、
という事はあまりありません。

 

長い期間飲み続ける薬ですから、血圧を下げる薬の安全性について
血圧を下げる薬の副作用について、
また注意点について知っておくことは大切です。

 

今回この記事では、血圧を下げる薬の副作用を、
種類別に
調べてまとめてみました。

 

病院で血圧を下げる薬を使った治療を受けておられる方は、
是非参考にしてみて下さい。
この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

血圧を下げる薬の副作用

 

血圧を下げる方法について

 

カルシウム拮抗薬

 

もっとも幅広く使われている、血圧を下げる薬の種類は、
このカルシウム拮抗薬です。

 

カルシウムイオンの働きを抑えることで、
血圧を下げる効果があります。

 

この血圧を下げる薬の副作用は、ほてりや便秘、
頭痛や動悸など
です。

 

また、種類によっては心臓の機能に負担をかける働きもあるので、
心臓疾患がある方は、
特にこの血圧を下げる薬の副作用に注意が必要
です。

 

ARB

 

体内の水分を蓄える作用を抑えることによって、
血中のカリウムを減少させ、血圧を下げる薬です。

 

この血圧を下げる薬の副作用は、非常に少ないと言われています。

 

しかし、体内の水分を排出させる働きがあるので、
脱水症状には注意が必要です。

 

また、腎臓や、肝障害のある方は、
特に副作用に注意が必要
と言われています。

 

ACE阻害薬

 

この血圧を下げる薬の副作用は、空咳と言われています。

 

使用している方の20%から30%の方が、
この血圧を下げる薬の副作用として空咳を経験します。

 

薬の使用をやめれば治ると言われていますので、
副作用を感じた時には、医師に相談してみてください。

 

 

血圧を下げるサプリ ランキング