MENU

朝に血圧が高い原因とは?朝一が特に血圧が高くなる

高血圧の原因について

 

朝に血圧が高いのは何故?原因は何なのでしょうか。
昼でも夜でもなく、朝に血圧が高い原因に迫ります。

 

 

高血圧の原因は人によって違いますが、高血圧の症状にも色々とあって
病院で測定したときだけ高血圧になる白衣高血圧症、朝だけ
高血圧になる早朝高血圧症など、血圧が上昇するタイミングは
人それぞれです。

 

慢性的に高血圧になるのではなく、昼は正常値なのに朝はなぜか
高血圧になってしまうという方が意外と多いそうです。

 

朝に血圧が高い原因は一体何なのでしょうか。
今回、こちらの記事ではその点についてリサーチし
まとめてみました。

 

朝の血圧が高い方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

朝の血圧が高い原因とは?

 

高血圧の原因について

 

ストレスや不規則な生活

 

不規則な生活、ストレスの蓄積は朝の血圧が高い原因に
なることがあります。
ふつう、人は朝は血圧が低いもので昼と比べて体温も血圧も
低い
んです。

 

人間が活動を活発にするときに必要な交感神経ではなく、
副交感神経という体を休める時に活発になる神経が働いているためです。

 

副交感神経が働いていることで体を休め眠ることができます。

 

しかし、睡眠リズムが崩れていたり不規則な生活をしている、
ストレスが溜まっているなどの原因が重なり交感神経が活発に
なっていると、血圧が正常値に下がりきらず朝の血圧が高い原因になるのです。

 

睡眠中、交感神経が活発のままになる病気は自律神経失調症や
睡眠時無呼吸症候群が考えられます。
ストレス、不規則な生活を改善し睡眠をしっかりととれるようにしましょう。

 

よく眠れるように生活習慣を整えることは、朝の高血圧の予防は
もちろん健康な毎日を過ごすためにも大切なことです。

 

 

降圧剤

 

高血圧の治療をしていて降圧剤を飲んでいる方の場合、薬の量が
足りていないために朝、血圧が高い原因になっている可能性があります。
朝に血圧を測定し、朝だけ血圧が高くなっている場合、
高血圧の治療中の病院で医師に症状を相談してください。

 

朝の血圧が高い原因を把握し改善する

 

高血圧の原因について

 

朝に血圧が高いと早朝の脳梗塞、心筋梗塞の可能性が高まり
とても危険な状態になります。
朝の血圧が高い原因は人それぞれなので、まずは早期に症状に気が付き
対策を始めていくことが大切です。

 

毎日同じ時間に血圧を測る習慣をつけたり、朝に血圧が高いことを
見逃さないように血圧測定をしましょう。
血圧が高い原因を探し、特定することで対策もしやすくなります。

 

毎日血圧を測ることでちょっとした血圧の変化にも気が付きやすくなり、
異常があった際には早期治療を始めることも可能です。
早期発見、早期治療が大切なので、ぜひこの機会に血圧測定を
習慣に
してみてください。

 

 

血圧を下げるサプリ ランキング